hosizorasannpo.cocolog-nifty.com > 南十字星

南の島

南の島

2009年1月12日 (月)

冬休みをもらって南の島へ行ってきました。珊瑚が細かく砕けてできた真っ白な浜がどこまでも続いていました。珊瑚のそばで咲いている黄色い小さな花がとても可愛いかったです。潮風に乗って波の音が聞こえてくるような気がしませんか?


島人の家

島人の家

2009年1月12日 (月)

沖縄の民家といえばやはり漆喰の屋根にシーサーですね。ちょっと失礼して一枚撮らせていただきました。島の中心部には鉄筋コンクリートの家が大分多くなってきていますが、少し外れると今でもこんな感じの家がまだまだ沢山残っているんですね。


バルコニーの花

バルコニーの花

2009年1月13日 (火)

リゾートホテルのバルコニーには可愛い南国の花たちが咲いていました。雨上がりの新鮮な空気を一杯に吸い込んで気持ちよさそうでしたよ。南の島の夏はもうすぐそこまで来ています。


珊瑚の浜

珊瑚の浜

2009年1月13日 (火)

真っ白な海岸を岬に向かって歩いて行くと沢山の珊瑚や貝殻が打ち上げられているところもありました。海はどこまでも青く澄んでいていました。ほんの少しだけ泳げば可愛い熱帯魚たちにもあえるようです。


Welcome

Welcome

2009年1月13日 (火)

夏はもう少し先だけど、この島のどこに行っても気分は南国。ビキニのお姉さんが“Welcome”って挨拶してくれてました。それでは!と入り口まで行くとまだ正月のしめ飾りが飾ってあって、やっぱりお休みのようでした。 (= ^ ^ゞ


宮古島

宮古島

2011年1月16日 (日)

満天の星空の下、ここで愛を告白したなら、決して破れることはないと言われるデートスポット東平安名崎。海の色、波の音、そして髪をなでて行く潮風が・・・たまらんでしょう?でもこの岬にもやはり遠い昔、恋に落ち悲しい最期を遂げた若い娘のお話とその墓が残っていたりするのです。


伊良部島

伊良部島

2011年1月16日 (日)

この浜が大好き!と言う女性から「砂の粒がとっても細かくて、ストッキングのままで歩いてもくっつかないんです」と聞いていたけれど、実際に浜の砂にさわってみたら、想像以上にビックリ! 手に掬った時のサラサラ感覚は本当に驚きです。海の透明度はもちろん、ビーチには定評のある宮古諸島の中でも、かなりハイレベルだそうで一年中泳げて海水浴も最高でしょうね。


PaniPani

PaniPani

2011年1月16日 (日)

パニパニは宮古島の方言で「元気」という意味。宮古島の南西部に浮かぶ来間島の高台にあり、どの席に座っても風が通り気持ちがいいカフェレストランです。
バナナ畑だったこの土地を見て、オーナーが奥様と3年かけて手作りでお店を作ったというから凄い!奥には野外シャワーも設置されていて歩いてきたというお兄さんが汗を流す姿も。


東シナ海

東シナ海

2011年1月17日 (月)

宮古諸島は、太平洋でも日本海でもない東シナ海に浮かぶ島々なのです。亜熱帯のこの島の海はどこまでも碧く輝いていました。沖縄本島に戻るよりも台湾へ行く方が全然近いのですよ。この海を少し南下すればもうフィリピンはすぐそこなのです。


諸島の夕日

諸島の夕日

2011年1月17日 (月)

宮古諸島を廻り羽田へ戻る便の窓から撮影した夕日です。主翼の先に見えるのは雲海の中に沈む南国の太陽。このままここにとどまって真っ青な空に瞬く南十字星を見れたなら...どんなに素晴らしいことでしょう?いつかまた南の島を訪ねて、澄んだ海と輝く星達に再会できることを夢見ながら(*^_^*)