南十字星

  • 諸島の夕日
    撮れない写真家潤三郎のフォトサロン。久米島・宮古島など南の島の自然を紀行文を交えて紹介します。(アルバム上のアドレスからブログに戻れます)

壁の穴

  • ステラシアター
    壁の穴から潤三郎の『趣味の部屋』が覗けます。

カテゴリー「コラム・つぶやき」の記事

☆森林公園のもみじとか☆

関東あたりの秋も終わりの武蔵丘陵森林公園

Dsc_6819
もみじとか

Dsc_6820

Dsc_6825

他にもちらほら

Dsc_6833

Dsc_6827

吹く風に

Dsc_6838

Dsc_6830_2

日差しもいつか冬の色

☆山歩き納め?☆

11月の3連休、初日のぐんまマラソンに始まり、2日目は川場の紅葉と、最終日は年内最後の山歩き?つーことで、腰をやってしまった割にアクティブなおらは、草津の温泉に痛めた腰の療養をしに行くついでに白根山に登ることにした。

Dsc_4968
先月納車になった通勤兼山歩き用のおもちゃは、重たいワンボックスと違って、気持ちよく登ってくれる。

Dsc_4990
この日、午前中は路面凍結のため一時通行止めになっていた志賀草津道路も午後には運良く開通し、山の上の駐車上までたどり着くことができた。

Dsc_5004
山頂のお釜に続く登山道は、所々に樹氷が見られ、一足早い冬景色。

八ッ場ダムに沈む吾妻渓谷の紅葉と、白根山の冬景色が、一緒に見れた贅沢な連休の最終日。ぐんまと長野をつなぐ峠の道も今月の下旬から来年の春まで閉鎖される。

おらも、感動した貴重な白根の樹氷↓↓↓から覗いて行ってくりょ。廃線になった日本で一番短い鉄橋&紅葉もあるだよ。  

http://img.gg/TPzqR9x     ←おら&助手 無修正モザイク無し画像入り`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 

 

☆準備…だろうな?☆

先日、こんなのが送られてきた。ぐんまマラソンの案内と、ゼッケン、記録計測用のチップも付いている。年甲斐もなく、今年もジョギングにチャレンジすることにしただ。ゼッケンの左下にはおらのフルネームが印字されている。

Img_6289

そして、現記な兄ちゃんの真似をしているわけじゃないけれど、おらんとこにも新しいランニングシューズが届いた。準備なのかって聞かれりゃ、そうなんだろうが、去年まで履いていた靴がボロくなったので新調することにした。エアマックスが、アウトレットなのか他のネットショップの2/3程度の安値で売り出されていたので、貯まった○天ポイントを使ってゲットした。

Img_6292
そして今日は、こんなものも送られて…ではなく買ってきた。

Img_6294
ここに来て急に寒くなって来たので、早めに冬支度をと思い、近くのスタンドに灯油を買いに行ったのだが、18Lのタンクを2つ、車から降ろすときに腰に鈍い痛みが走った。今夜は歩くのがやっと。

県民マラソンまであと3日、準備は整ったはずだったのだが‥・。

☆ペンション湖風 星5つ☆

おらの足なんかより、ペンションの夕飯見せてくれって言う しゅうちゃんさんのリクエストに応えて、☆5つの料理とか色々。

白樺湖畔に立つペンション湖風。今から十数年前に脱サラしたご主人と、それまで病院の管理栄養士をしていた料理好きの奥さんが、いつか田舎でペンション経営をしてみたいと言う夢を、ここ白樺湖で実現したという宿だす。

Img_6221
建物は駐車場から一段高い所に建ち、どの部屋からも白樺湖が見れるようになっている。

Img_6223
入り口にはハロウィンの飾り

Img_6226
ベランダにも小物が並べて置かれ、随分とマメだなぁ~と関心してチェックインすると、

Img_6227
室内はまるでおとぎの世界。いたるところに童話や人形、男のおらは少し恥ずかしくなるようなメルヘンの世界にビックリずら。

Img_6229

でもって、いよいよ☆5つの夕食だけんど、今夜の食事にはやっぱしワイン。

Img_6231

彩り豊かなサラダには見たことねえ葉っぱもいっぱい。

Img_6235
二段になった前菜のお皿、上には肉厚の甘~いホタテや奥には鴨肉も隠れてるだよ。

Img_6236
下の段には地元の食材を奥さんがアレンジした7品の珍味。

Img_6237
にんじんベースのスープに、ラディッシュの酢漬け。

Img_6239

天ぷらは、ナタ豆、マッシュルーム、島らっきょう、蕎麦、あと何だっけ珍しいものいっぱい。

Img_6242
野菜のたくさん入ったグラタンは、濃いめのチーズに、ほんのりとバニラエッセンスの香り。

Img_6253

A5の信州牛のステーキは、付け合わせに玉葱、舞茸、パプリカ、ブロッコリー、うずらの卵にこんにゃく玉、茹でたトウモロコシ。

Img_6256

汁物はニュー麺て言ったか、梅の香りのさっぱりした汁。

Img_6261
デザートの葡萄は、形は悪いけど凄く甘いですって、ほんとに甘い。

Img_6262
こんな具合にテーブルの上は置ききれなくなるほど、どんどん埋まって行くだ。

Img_6263
腹一杯になったら暖炉の前で、しばし読書なんかにふけって、やがて寝床へ。

Img_6264
朝飯も、煮浸したプチトマトにはじまり

Img_6270
手の込んだサラダ&手作りフランクフルトの生ハム巻き&etcetera.

Img_6271
焼きたてのパンにコケモモとリンゴのジャムも自家製ずら。

Img_6272
一口サイズのフルーツは8種類、この他に、生ジュース、ヨーグルト、珈琲、紅茶はお代わり自由。

Img_6273

こちらの愛想の良い、ご主人と奥さんのトークもごちそうさんでした。

Img_6274
つーことで、白樺湖畔ペンション湖風は、お一人様なんと10,750円也。どうだすか?このコスパ。おら、多分リピートするだ。ここでクリスマスや誕生日なんか過ごしても、きっと楽しい湖畔の宿。

☆北横岳☆

大型台風がすぐそこまで迫っていた10月の週末。ペンションも予約済だったし、雨ならば諦めるしかないけれど、なんとか持ってくれればと北八ヶ岳の北横岳へ向かった。

ビーナスラインの紅葉は、天気が良ければドンピシャだったのだけれど、、、降っていないだけましな状態。

Img_6118
家から上信越道を走り、佐久までは雨だったのだが、北八ヶ岳の山麓駅は、微妙な感じの曇り空。

Img_6127
とりあえず、ゴンドラに乗り標高2200メートル超えの山頂駅まで登ってみた。

Img_6131
危くなったら、足下の坪庭だけ軽く歩いて下りるつもりだったが、なんとかなりそう。

Img_6135
登山者カードを書いて、いざ出発。

Img_6136
途中の北横岳神社で、無事の登頂を祈願して、

Img_6137
坪庭の階段を登って行くと、

Img_6140
一面に八ヶ岳の噴火でできた溶岩台地が広がる。

Img_6144
坪庭を一周するコースの途中に、北横岳へ向かう岐路がある。

Img_6145
ここから先は、登山道になるので、一応それなりの支度をして歩いた方がいい。

Img_6146

登山道の大半は、大きな岩や石がゴロゴロ転がった登り坂。

Img_6152
ブツブツ言い出す助手に、「てっぺんまで登れたら、夕飯には、うんまいステーキが待っているから」と、なだめながら進む。

Img_6153
下りの登山客とすれ違うのにも注意が必要な、狭い岩場もあったりする。

Img_6154
時々霧が深くなって、戻るかどうか、悩んだりもしたけれど、

Img_6155
どうにか南峰に到着した。ここまで来ればゴールは目と鼻の先。

Img_6170
昼を少し廻ったところで北峰2480mを制覇。天気が良ければ、360度、見渡す限りのパノラマに、雪をかぶった北アルプスや南アルプス、眼前には蓼科山なんかが迫って見れたはずなんだけど、、、

Img_6172
山頂から少し下ったところにある北横岳ヒュッテで昼飯、

Img_6180
山歩きの最高の楽しみは、何と言っても、おにぎり弁当。

Img_6182
雨に祟られる事無く、ここで弁当を広げることができれば、それだけでも十分幸せだ。

Img_6186
もう、見飽きただろうが、おら特性のおにぎりは、今回も焼き明太子と梅干し。

Img_6187
この時期になると花は終わり、シラビソの根元の若い芽も、もうすぐ深い雪の中。

Img_6213
山を降りて、ペンションのある白樺湖へ向かう途中、蓼科の日帰り温泉に立ち寄った。

Imgp4390
かつては宿を営んでいたのだが、今は日帰りの風呂のみの営業だとか。

Imgp4391
浴槽は、内風呂と離れた露天風呂が5ヶ所、その中の「見晴らしの湯」と言う露天に浸かった。

Imgp4400
天気が良ければ、紅葉の間から木曽の御嶽山まで見渡せるという湯船には、ぬるめと、やや熱めの二つの源泉が注がれ、山歩きの疲れを心地よく癒やしてくれた。

Imgp4401

この日は、白樺湖半のペンションに一泊。楽天トラベル食事評価5点満点の宿の夕飯を、披露したかったのだけど、記事が長くなりすぎるので、今回はとりあえずここでおしまい。でも、ほんとに旨い夕飯だったので、気が向いたらこの後、報告する、、、かも。

☆雨だから何なんだけど☆

ここのところぐずついた天気が続いて今日も雨。写真撮るには良いコンディションとは言えないけれど、師匠から、おらの車が何だかわからねえから、わかるように見せてくりょって言われて、ちっくら撮ってみた。

Img_6085_2
雨だから、何なんだけど、見栄張らねえで普通に撮るとこんな感じ。

Img_6086_2
とは言うものの、自宅の庭じゃぁ格好つかねえから、やっぱし見栄張って、人んちの軒先借りたり

Img_6087_2
近くの公園まで出張して撮ったりしただ。

Img_6105_2
マツダのアクセラって言う車だす。最近そこらじゅうで見かけるので、タイヤを車外品に替え、おらのオリジナル仕様にしてあるだ。

Img_6107_3
山道なんかも、そこそこブイブイ走るだよ。つーことで、来週は八ヶ岳あたりで慣らし運転しようかと、今日は地図とにらめっこだす。bleah

☆水沢うどん食いに行きました☆

今日、水沢うどんを食いに行った。

Img_1
最近は、決まって丹次亭。ここは舞茸や山菜の天ぷらが旨くて値段も良心的なのがいい。

Img_2
うどんを食いながら、水沢で古いお札を納めて、新しいのをもらって来た。初詣は赤城神社なのに、交通安全はいつも水沢観音。

Img_3
新しいお札をぶら下げた車で、色づき始めた榛名湖畔なんか廻ってみた。

Img_5
おらのおもちゃ、本日納車になりました。屋根、あります。

Img_6
見栄はってちょっこしデカそうに撮ってみたりしたけんど、ほどんどコンパクトカーだす。

明日からはコイツで通勤、現記さん安心してください、あのメーカーぢゃありません。そのうち、師匠やしゅうちゃんさんみたいに、旅先で愛車を写し込んだ記事なんか書いて見たいと思いやす。

新しい仕事場は、まだまだ不慣れで慌ただしくて、コメ返、ちょっこし遅れます。あしからず。ヾ(_ _*)ペコリ

☆大沼湖畔のトレッキングとか☆

助手がいきなり、今日の昼は古久家のカレーうどんが食べたいと言い出したので、赤城県道を登るなら、山でトレッキングをしてからにしよう、と、言うことになり初秋の大沼湖畔のトレッキング。

Img_5949_2
沼尻の駐車場に車を止め、早めの昼食を取っている他県の観光客を横目に、お散歩開始。

Img_5951_3

現在は小鳥が島に移築されている赤城神社も、かつては沼尻の大洞というところにあって、湖畔には当時の弁財天の鳥居が残されている。

Img_5957_2
近くには御神水が湧き出ていて、山開きの際には、この水を付近の村の田の口に注ぎ、豊作を祈る風習が江戸時代から続いているそうだ。

Img_5958_2
大沼周遊歩道は一周約4キロ余り、昼飯前の運動にはちょうどいいが、

Img_5960_2
標高1800mになる湖畔の気温は15度と、風が吹くと少し肌寒さを感じる。

Img_5962_2
水辺の遊歩道には、山から流れ込む小川が流れていたり、

Img_5969_2
中学校の頃に、みんなで漕いだカッターが、今でも繋がれていたり、

Img_5973_2
もみじも、ほんの少しだけ色づきはじめて、散歩するにはいい季節。

Img_5976_2
トレッキングの最後は、明日からの新しい職場での無事を祈願。

Img_5993_2
出島に架かった啄木鳥橋を渡って駐車場に向かい、

Img_6006_2
そこから山を下り、県道沿いの古久家に立ち寄ったのだが、行楽帰りの観光客が、この店の蕎麦とうどんを、早々に食い尽くしてしまったらしく、入り口には早くも「売り切れ」の看板。仕方なくスーパーに寄って、昼飯兼夕飯の買い物をして帰ることにしたのだが、食い物の何チャラとはとにかく恐ろしい。大沼湖畔のトレッキングに、こんなにも金が掛かるとは思ってもいなかった。

☆フライング・ゲット☆

通勤用に使っていた車を処分することにした。

単身赴任時代には、夜明け前の関越自動車道をエンジン全開で走り抜け、あの震災の時には大渋滞の中を気の遠くなるような時間をかけて帰郷した思い出深い車だが、12月には車検。15年目ともなると修理代も嵩みそうだし、その先もいつ不具合が出るかわからない。

Img_5934
内装を見ればまだ十分使用に耐えられるような気もするが、一週間後にはディーラー送りとなることが決まった。

Img_5937
そして今日、佐川さんがこいつの止めてある駐車場にタイヤを4本置いていった。

Img_5938
今までタイヤはディーラーか、バックスかJmsのようなカー用品専門店で購入していたが、以前、師匠がタイヤをネットで購入しているのを思い出し、今回はネットでゲットした。梱包も丁寧だったが、念のため傷や不具合が無いか包装をはがして中身をチェックした。

Img_5940_2

特に問題は無かったし、品物も値段の割にはそこそこ満足のいくものだった。

ところで、このタイヤを履かせる車がまだない。納車日と納品日を1週間勘違いしていた、なんつーか、フライング・ゲット。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

☆久米島ロングバケーション☆

2017年夏、おらたちは遅い夏休みをとって、J○Bラストサマー久米島の旅に出かけた。

3泊4日の超格安旅で、慣れた南の島を満喫し、帰還する予定だったのだが、今回はチト事情が変わった。

3日目の晩までは、きわめて順調な旅だったのだが、4日目の朝、急接近した台風18号のおかげで、実質6泊7日のロングバケーションを楽しむことになった。

帰宅予定日の朝・・・

1
ホテルの庭の樹木が強風に煽られ、

2_2
次第に、波のうねりが大きくなって行った。

3
危険を察知したおらたちは、売店へ急ぎ非常食を確保した。

この後暴風は益々強さを増し、久米島ー那覇便は全便欠航。船便はすでに前日から入っておらず、新たな食材も届かない中、暴風と停電の中のサバイバル生活が始まった。

935HPという、沖縄地方でも巨大な、勿論関東あたりじゃかつて無い暴風を体験している最中と言うものは、携帯や、カメラのバッテリーも貴重で(←ラストメッセージのために確保しておくだ。) なので、お見せできるような台風の写真はねえけんど、

台風が来る前の3日間の島の様子は、少しくらい撮ってあった。

石垣や、竹富とかとは違った、庶民的な生活感ある島の風景をチト覗いて行ってくりょ。

http://img.gg/oy9R9Xx

そして、もう一つ、これが見れただけで、おらとしては、今回の旅は十分満足だった。

離島から見上げた天の川、夏の大三角形、南斗六星、カシオペア、さそり座、土星、アンドロメダ星雲を肉眼で確認。幾多の星雲、星団を写真に収めることができただ。

http://img.gg/99lsIJv

upここを開いたら、タイトルの下のスライドショーなんかクリックして見てみたら、都会じゃ決して見れない本物の星空が広がるだよ。

注)写真は久米島イーフビーチにて撮影、足下は砂浜や、夜の波間です。遠方の光は、沖縄本島那覇市の灯りが水平線を照らしているものです。星空の中の点線は飛行機の点滅です。雲のように見えるのはすべて天の川の銀河です。

おらにとっては、十数年前の、北海道摩周湖のスカイウオッチツアー以来の奇跡だったす。

ふんな訳で、今回の体験を一々報告すりゃ切りがねぇくらい色々あるけんど、とりあえず、久米島ロングバケーション帰還の報告。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ