南十字星

  • 諸島の夕日
    撮れない写真家潤三郎のフォトサロン。久米島・宮古島など南の島の自然を紀行文を交えて紹介します。(アルバム上のアドレスからブログに戻れます)

壁の穴

  • ステラシアター
    壁の穴から潤三郎の『趣味の部屋』が覗けます。

☆おらんちの秋☆ 

世の中、秋まっさかりです。おらんちにも秋がやって来ています。

Img_4935

狭い庭の木々も色づき、
Img_4932
Img_4930
畑では葉物が収穫期を迎え、冬野菜も育っています。

Img_4908
ほうれん草に、小松菜は、

Img_4913
よく似ちゃいるけど、ちっとは違う。味噌汁やお浸しで食います。

Img_4923

味噌汁って言えば、この三つ葉なんかもおらんちの定番。

Img_4921

朝の食卓にはサニーレタスや、

Img_4915

水菜とか

Img_4912

ブロッコリーとかでサラダこさえて

Img_4918

大根は、煮物でも何でも合うし

Img_4916

今年は人参も作ってるらしく←誰が`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Img_4914

もう少しで白菜も出来そうなので、鍋物もできそうだし、

Img_4917

玉葱とか

Img_4911
ニンニクとかでスタミナつけて、

Img_4910_2

梅の木の下にまた生えてきた蕗も、案外旨く食えて、

Img_4919

菊の花も、酢の物なんかで、たまに食卓に並びます。

Img_4922

おらんちの秋は、収穫まっさかりの食べ放題の秋だす。

そうだ、こんだぁ畑に栗の木植えてもらうかな?栗ご飯旨そうだし、、、老後の秋の楽しみも考えておかねえとだし`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

☆とある週末 その2☆

とある週末、とあるところで、とある人たちと逢った。写真では何度も見たことがあったが、初めて間近に見るスーパーカーは凄げぇの一言。

Dsc00053
諸般の事情により、←って、もう分かっちゃいるだろうが、神社の参道で食うことになったキノコたっぷりの冷やかけ蕎麦、

Img_0002
テーブルに置かれたお椀に、揃ってカメラを向けるオヤジたちの異様な光景。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Img_0004
蕎麦、旨かったし、甘辛く煮込んだ野菜も旨かったす。〆には、師匠からそば湯の狙い方の講義を受け、

Img_0006
その後は、しばし、神社界隈を散策。

Dsc00055

カメラを構える師匠と、現記なにいに。紅葉には少し早かったが、カメじい3人、楽しいひとときを過ごし、

Dsc00059
街中のファミレスでも写真談義。

Dsc00075
師匠の撮った泡( ´艸`)プププ

Dsc00066
同じものを同じカメラで撮っても、同じ画にはならない。

Dsc00067
ラグビーボールが気になるって、言ってる人がいたけれど、

Dsc00072
こっちのケーキの奧のお皿の、手前の反射はラグビーじゃ無いっしょ?
とか、色々と、、、。

ダンディーな師匠に、実は、やくざじゃねかった現記さん、楽しい時間ありがとうごいした。また一緒に遊んでくりょ。

☆高崎駅を撮る☆

昨夜高崎で飲み会があって、置いて帰った車を取りに行くのに鉄道を使った。久々の高崎駅だったので、少し構内をふらついてみた。撮り鉄の常連様に言わせりゃ的外れなカットばかりだろうが、素人の目線なんてこんなもの。

Img_1164
高崎線10号車乗車口付近、ほどなく反対側ホームに前橋発新宿行きの特急あかぎ入線のアナウンス。

Img_1166

フィルムカメラと同じく、一発入魂?とまでは言わないが、、動くものはAFには敵わない。

Img_1168

ここらもね、やっぱ動く者だし?もう少しカッチリ決めたかったけど修行不足。

Img_1171

雨上がりの詰め所の脇を

Img_1177

貨物列車が通り抜けて行く。

Img_1182

非常停止ボタンと、ホームを離れる両毛線の車輌

Img_1188

グリーン車はこのあたりに止まります。

Img_1190

改札を抜けてレンズを変えた。

Img_1201

まだ滴の残る手すりの奧に駅舎とヤマデン本社。

Img_1203

店の中に入ると、泥沼から足が抜け無くなってしまいそうだったので、先へ進むことにした。

Img_1206
昨夜歩いた道を辿れば

Img_1207
強者どもの夢の跡。

Img_1212

高崎駅を撮る、望遠で撮る。動く物にジャスピンはやはり熟練が必要だし、何と言っても手振れが一番の強敵で、できればボデー内手振れ補正が、、、あるといいなが、高崎駅には多分ある、けど行かない。(--;

«☆今日のばら園☆