南十字星

  • 諸島の夕日
    撮れない写真家潤三郎のフォトサロン。久米島・宮古島など南の島の自然を紀行文を交えて紹介します。(アルバム上のアドレスからブログに戻れます)

壁の穴

  • ステラシアター
    壁の穴から潤三郎の『趣味の部屋』が覗けます。

☆太蔵ベルトその後☆ 夏服ゲッツ (*^^)d の巻

太蔵ベルトでスリムになり、長年着古して来た夏物のスーツを新調するというおらの陰謀がようやく叶う時が来た。

あれから2ケ月半、時は流れ衣替えの季節、6月まであと2日というところで、スーツ買い替え基準を達成した。

買い替え↓↓↓基準↓↓↓

太蔵ベルト装着当時、一番左だったベルトの穴が、右端に移動し、ウエストは-8センチ、体重は9.5キロ減って、体脂肪率も2~30代の標準値まで落ちた。

Img_4785_1280x853
今のズボンを詰めるのも限界と言う事になり、庶民の味方 アオ〇に行き、ウオッシャブルのツーパンツスーツをゲットした。

Img_4759_1280x853
スリムになった凛々しいおらの姿を正面から見せたいところだが、吐き気をもよおされても困るので自粛する、

Img_4765_853x1280
が、、調子に乗って屋外でも減量達成の記念写真を撮らせちまった。bleah←モデル撮影会じゃねぇから、批評はいらねえ。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

助手にも何かねだられるかと心配したが、粗品のスヌーピーのクーラーバックを与えたら満足したのでホッとした。因みに助手は-4.5㎏らしいが、敢えてこれ以上話題にしない。

Img_4770_1280x853

つーことで、太蔵ベルトから2ケ月半。もち豚のようなおらの腹が、どこまで凹んだか?見たくもねぇ人が大半だろうが、恐いもの見たさで覗いてみたい人がいれば、ポチットすりゃ膨らむだ。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!    ↓

                  Img_4781_1280x846_2

                 ゲロ吐いても責任もたねぇ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

☆川場 もち豚 花の寺☆

スパゲッティを食べた翌週は、ハムとベーコンとウィンナーを鉄板でごちゃ混ぜに焼いた、山賊焼が食いたいと言うので、川場の道の駅に行ったのだが、

前回ここを訪問した時に、工事中だったレストランとベーカリーがリニューアルしていて、山賊焼の予定が、一瞬でもち豚に変更になった。

Dsc_6513_1280x852
もち豚の定義は全国各地で異なるようだが、ここらでは、肉質が柔らかく、脂肪がすっきりして甘味があり、一般の豚の数倍のビタミンを含む豚を、そう呼んでいる。

Dsc_6516_1280x852
今回助手は、その、もち豚のソテーを、地元特産のすりおろしリンゴをベースにしたソースをかけて食い、おらは、定番のヒレカツを甘味噌ベースのソースで食った。

Dsc_6520_1280x852

もち豚で、腹が豚のようになったおらたちは、腹ごなしに、近くのあの寺を散策する事にした。

Dsc_6527_1280x852
ここらも、季節はもう、初夏のようで、少し歩くだけで額に汗がにじんで来た。

Dsc_6535_1280x843
どうせ歩くなら、山歩きがしたくなる気分だが、ここも、それなりに、楽しめはする。

Dsc_6539_1280x852


Dsc_6544_1280x852
日陰に咲く みやこ忘れに、

Dsc_6546_1280x849
5月だから、 皐月だとか

Dsc_6550_1280x852


Dsc_6555_1280x852
一通り花の寺を散策したのだが、この程度じゃ、もち豚を食った分のカロリーの10分の1も消費できてねぇだろうと、この後、日帰り温泉のサウナに行き、膨らんだ腹が元通りに凹むまで汗だくになって腹を揉み続け、家に帰った。

☆シャンゴ☆

おらの住むぐんまは、たいていの人は知らねえだろうが、知る人ぞ知るイタリアンの激戦区で、ネットなんかで調べて見ても、東京に次ぐ全国第2位の(←諸説あるにはあるが)うんまいパスタ屋王国なのである。

ほんな中でも、高崎のパスタ事情は、内緒の県民ショーでも何度か取り上げられているように、市内には、個性豊かなパスタを提供する店が軒を連ねており、だから何だって言われても返す言葉も見つからないが、今日はパスタ屋に行ったよの話。

Img_471
ここは、高崎が本店のシャンゴ前橋店。結局前橋だが、

Img_472
メニューリストの1ページを覗いても解るように、価格は単品で600円台から、セットで12~14百円程度とかなりリーズナブル。

Img_473
今回は助手のオーダーした月替わりコースメニューから、先ずは、筍のサラダに、ほたるいかとバジルのパスタ。

Img_474
ニンニクと唐辛子のペペロンチーノベースにバジルを加え、ほたるいかの臭みを消した細麺のパスタ。斬新な素材の組み合わせに、あっさりめの塩味が今の季節にちょうど良い。

Img_475
フランスパンのバスケットと一緒に出て来たのは、夏野菜を乗せ、カチャトラ風の味付けを施したチキンのソテー。

Img_476
ドルチェは、ラム酒か?何かを浸み込ませたショコラ系のケーキとアイスクリーム、

Img_477
最後にアイスコーヒーが付いて1,400円くらい。

Img_478
減量中のおらは、ニンニクと唐辛子のたっぷし入ったトマト系激辛ソースで、あさり、ホタテ、エビ、いか、貝柱を煮込んだ、カラブリア風スープスパゲッチ。 熱々の土鍋で食う。

Img_481
サラダとアイス珈琲が付いて、値段は助手のコースメニューとほぼ一緒。

Img_480
どちらのパスタもそれぞれ個性があって、斬新な味、都会のそこそこのホテルのレストランで提供しても恥ずかしくないパスタですだ。
Img_482
先日の師匠の記事を見て、最初は佐野のラーメン屋に行こうと思い家を出たのだが、時間も押していて、佐野に行くまでに、スープが終わっていたら泣いても泣ききれないと言う事で近場に変更、唐沢亭のパクリ記事はもう少し先になりそう。

«☆覚満淵と小沼とうどん☆

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ